忍者ブログ
エレキ初心者の練習記録とネタ集
[10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログを書いてみて、色々な方のブログを拝見させてもらって
みんなギターに対する思いはそれぞれ伝わってきますね。

ボクの場合、ギターを手にしたのはそれこそ数十年前。
中学の時にクラスメイトが持っていたアコースティックギター。
単純にに「うぉ~すげぇ~」って感じで触ったのを覚えてる(笑

それから、音楽に興味が沸くわけですが、10台後半になると
「音楽に興味」というよりも、アーティストに興味を抱いたり
レコードとかをコレクションする事に傾倒してた気がする…。
更には「オーディオ機器」・・・ステレオの類にこだわったりね。

例えば
1・好きなアーティストの新譜を買う、もしくはレンタル
2・レコードからカセットに録音する。
3・カセットに「インレタ」を使ってラベリングする。
4・綺麗に揃えてニンマリする。

好きなアーティストというよりも、ほぼギタリストばかりの記事
やグラビアに目がいくようになる。

音楽雑誌などで、アーティストモデルと言われる楽器を
目にしたりする。
「ふ~ん」と言いながらも、ちょっと気になりだしてる。

ここから行動が少し変わる。

「楽器屋の敷居をまたぐ」

店内の楽器見渡してもナニがなんだかサッパリ解らない。
同じような形のギターなのに桁が明らかに一つ多かったりする。
(ちょっとビビりが入る)

で、店内で目に留まったギターが
クリーム色のフェンダーストラトキャスター

「あ、リッチーブラックモアと同じのがあった」

このとき、やたら感動したの覚えてます(笑
今でもそうですし、多くの人がそうなのかな~と思ってますが
ボクにとってのオンリーワンはリッチーブラックモアなのです。

初めてロックなるものを聞いたのが結構遅かったほうなのですが
リッチーの曲で初めて聴いたのが、レインボーのアルバム
「Difficult To Cure」に収められていた
「Vieicht Das Nadchster Zeitt (May Be Next Time)でした。

difficult.jpg

曲を知ってる人なら解るかと思いますが、この曲はロック調では
ないのですが、初めて聴いた「エレキギターサウンド」って事で
エラいインパクト受けちゃいました。

あれから、色んなアーティストのギターの音を自分なりに聴いて
来ましたが、「リッチーの節」だけは特別なモノと感じています。
ブラックモアズナイトであっても同じ、独特の節に聴こえる。
(このあたりがクラシックギターとかも触りたい理由なのかも)笑

早弾きはすごく憧れますし、自分でもモノしたいなーと頑張って
いますが、スローテンポでも感動できるようなギターサウンドを
いつか鳴らしてみたいですね・・・。

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
TRACKBACK
trackbackURL:
ブログ内検索
PROFILE
HN
SEX
JOB
HOBBY
Tarako
male
Design
Guitar.PC

数年ぶりにエレキギターを再開
一から出直し状態の初心者です。

USE Guitar
・Fender ST68-92TX
・Ibanez-RGR320EX

USE Device
・LINE6 PODXT
・SpiderⅢ15w

Favorite Player
・Ritchie Blackmore
・Ace Frehley
・Billy F.Gibbons
新しい記事
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
来訪の軌跡
ALBUM

アクセス解析
脳内ネタ置場
Amazon
AmazonStore
by Amazon
Copyright © WEBロックギター通信 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]